延岡市予防接種情報提供サービス

5~6ヵ月の離乳食

○5~6ヶ月頃(離乳の開始)

・離乳食を開始する目安
 *首のすわりがしっかりしている
 *支えてあげると座れる
 *食べ物に興味を示す
 *スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

・回数
 約1ヶ月間 1日1回ひとさじ※から(出来れば午前中のいつも乳汁を与えている時間に乳汁を与えるまえに離乳食を与える)
 2ヶ月目頃から 徐々に1日2回にしていきます
 ※ひとさじ=ティースプーン1さじ=赤ちゃん用スプーン3さじ

・形状
 なめらかにすりつぶした状態(ポタージュやヨーグルト状)

・量
 はじめはひとさじから徐々に増やしていきます。
 この時期は特に食べなければいけない量はありません。赤ちゃんの食後の機嫌や便の様子、嘔吐がないか、体重の変化をみながら量は調整しましょう。 
 
・離乳食を進めるポイント
 *5~6ヶ月になると、乳汁だけでは成長に必要な栄養が足りなくなってくるので、この時期から離乳食を始め、食べる練習をすることが大切です。
 *乳汁を与える時間が決まっていない方は、徐々に時間を決めてリズムをつくっていくと良いです。(目安は1回200ccを3~4時間ごと)
 *この時期の乳児にとっての最適な栄養源は乳汁です。離乳食の後には、赤ちゃんが欲しがるままに乳汁を与えましょう。
 *この時期の離乳食の目的は飲み込むことや舌ざわり、味に慣れることなので、量については徐々に増やしていけば良いです。
 *赤ちゃんの姿勢を少し後ろに傾けると飲み込みやすいです。
≪戻る