延岡市予防接種情報提供サービス

7~8ヵ月の離乳食

○7~8ヶ月頃(離乳食中期)
・赤ちゃんの特徴
 *胎児期にお母さんからもらって体の中に貯めておいた鉄が減り始めて、鉄不足が気になってくる時期
 *乳歯(前下の歯)が生え始める

・回数
 1日2回(食事の間は3~4時間空ける)

・形状(写真)
 舌でつぶせる固さ(豆腐くらいの固さ)

・種類・量(1回分の量の目安)
 おかゆ(7倍粥)      70g
 野菜や果物      20~30g
 魚    10~15g(白身魚→赤魚)
 肉  10~15g(鶏ささみ→レバー)
 豆腐 30~40g(豆腐→納豆や煮豆)
 卵      卵黄1個~全卵1/3個
 乳製品         50~70g
バター               1g

魚~乳製品の中で1回にどれかひとつを選ぶ
組み合わせてもOK
  
・離乳食を進めるポイント
 *いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように食品の種類を増やしていくと良いです。
 *鉄不足が気になる時期なので、鉄分の多い食材(緑黄色野菜、赤身魚、レバー、海草類等)を増やしていきます
 *平らなスプーンを下くちびるにのせ、上くちびるが閉じるのを待ちます。
≪戻る