延岡市予防接種情報提供サービス

12~18ヵ月の離乳食

○12~18ヶ月頃(離乳食の完了)
・赤ちゃんの特徴
 *自分で食べたいという欲求が出始め、手づかみ食べが始まる。
 *口に詰め込み過ぎたり、食べこぼしたりしながら、一口量を覚える。
 *栄養の大部分を乳汁以外の食物からとれるようになってくる。

・回数
 1日3回

・形状
 歯ぐきでかめる固さ(肉団子くらいの固さ)

・種類・量(1回分の量の目安)
 軟飯             100g
 野菜や果物        40~50g
 魚     15~20g(白身魚→赤魚)
 肉    15~20g(鶏ささみ→レバー)
 豆腐           50~55g
 卵        全卵1/2~2/3個
 乳製品 100g(牛乳100~200ml)
 油                2g
  
・離乳食を進めるポイント
 *「手づかみ食べ」がしやすいように調理の工夫(小さいおにぎり、スティック状の野菜等)をすると良いです
 *1日3回の食事のリズムを大切に、生活リズム(早寝・早起き)も整えましょう。
≪戻る