延岡市予防接種情報提供サービス

RSウイルスの感染が広まっています!

県内患者数がここ数週間で急増しています。特に延岡保健所管内での感染が広まっていますので注意が必要です。
RSウイルスは鼻水、せき、発熱など風邪に似た症状から始まります。せきが増悪することで、肺炎や気管支炎などを引き起こすことがあります。特定の治療薬がありませんので、対症療法が中心となります。
手洗いの励行・手指消毒のほか、タオルや洗面器、おもちゃの共有は避けるなど感染対策に努めましょう。
≪戻る